Jump to navigation menu

桂枝雀の「花筏」

  • Posted on 1月 27, 2014 at 11:23 AM

桂枝雀の「花筏」
お相撲も、野球に比べるとよく観るという程度でそんなに気を入れて観ることはありま
せん。うちの母親が郷土愛の強い女でして、琴桜関が鳥取県倉吉の出身でしたからテレピ
の前へ座っては手をたたいて「がんばれエ!」言うて応援してました。母親の亡くなる前
に横綱になってくれはったんでえらい喜んでました。私にかわってええ親孝行してくれは
ったと感謝しております。
私ち一時、鷲羽山関が好きでした。小兵でしてね、その小さい身体を稽古でカバーして
やってはったんです。私も自分が小兵やと思てますし、お稽古も大好きですから共感をおぼ
えまして、蔭ながらひいきにしてたんです。ところがある日、新大阪の駅でほんまもん
が歩いて来るのを見たんです。と、けっこう大きいんですね。そらあたりまえですわ。テ
レビで観てたら他のお相撲さんと並んでるから小さく見えてたんで、世間一般からみたら
大きいですよ。ファン心理ておもしろいものですね。自分で勝手に相手のイメージつくっ
といて、それと現実がちよっとでもずれたら裏切られたような気になるもんです。「あん
なやつとは思わなんだ」なんてね。鷲羽山関の側には何ら責任はないのですが、私はいつ
ぺんでアホらしなってひいきをやめました。

コメントをどうぞ

Top